このページの本文へ移動
美馬市 行政情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
観光情報 防災情報 入札情報

くらしの便利帳

主な税金

個人市民税

納税義務者

1月1日現在、市内に住所がある方で、前年中に所得があった方

備考

税額は、前年中の収入をもとに算出

法人市民税

課税

 法人市民税は、美馬市内に事務所、事業所又は寮などがある法人等にかかる税金で、 資本金の額と従業者数に応じて課される「均等割」と法人等の所得(法人税の税額)に応じて課される「法人税割」とがあります。

納税義務者

納税義務者 納めるべき税額
均等割 法人税割
市内に事務所又は事業所がある法人

市内に事務所又は事業所がないが、寮等がある法人
法人課税信託の引受けを行うことにより法人税を課される個人で、市内に事務所等を有するもの

*事務所又は事業所
 事業の必要から設けられた人的及び物的設備であって、そこで継続して事業が行われている場所。
*寮等
 寮、宿泊所、クラブ、保養所、集会所などの設備で、法人が従業員の宿泊、慰安、娯楽などの便宜を図るため、常時設けられているもの。
*収益事業
 物品販売業、製造業など政令(法人税法施行令第5条)で定める事業で、継続して事業場を設けて営まれているもの。
*法人課税信託
 法人税法により、信託段階において受託者を納税義務者として法人税が課税される信託。

税額・税率

均等割 ― 法人の資本金等の額と従業者数を基準として算出します。
均等割=均等割の税率×事務所・事業所等を有していた月数÷12

税率表

資本金等の額
従業者数の合計数
税率(年額)
50億円を超える法人 50人を超えるもの 300万円
10億円を超え50億円以下の法人 50人を超えるもの 175万円
10億円を超える法人 50人以下のもの 41万円
1億円を超え10億円以下の法人 50人を超えるもの 40万円
50人以下のもの 16万円
1,000万円を超え1億円以下の法人 50人を超えるもの 15万円
50人以下のもの 13万円
1,000万円以下の法人 50人を超えるもの 12万円
上記以外の法人 5万円

*従業者数は、美馬市内の事務所又は事業所等に勤務している方の人数です。
 法人税割 ― 法人税額(国税)を課税標準として算出します。
    法人税割=課税標準となる法人税額×法人税割の税率

 平成26年度地方税法等の一部改正により、法人住民税法人税割の一部が国税化され、地方交付税の原資とされることとなりました。
 美馬市においても平成26年10月1日以降に開始する事業年度の法人市民税法人税割の税率を12.1%に引き下げました。

事業年度
税率
平成26年9月30日以前に開始する事業年度に適用 14.7%
平成26年10月1日以降に開始する事業年度に適用(注1) 12.1%

(注1)平成26年10月1日以降に開始する最初の事業年度の予定申告の法人税割額は、前事業年度の法人税割額に4.7を乗じて得た金額を前事業年度の月数で除した金額となります。

申告と納税

法人市民税は、それぞれの法人が定める事業年度が終了した後一定期間内に、法人がその納付すべき税額を算出して申告し、その申告した税金を納めていただきます(申告納付方式という)。

事業年度 区分 申告期限及び納付税額
6か月 確定申告 申告期限 事業年度終了の日の翌日から原則2か月以内
納付税額 均等割額(年額)の2分の1と法人税割額の合計額
1年 中間(予定)申告 申告期限 事業年度開始の日以後6か月を経過した日から
2か月以内
納付税額 次の1又は2の額です。

1 均等割額(年額)の2分の1と前事業年度の
  法人税割額の2分の1の合計額(予定申告)

2 均等割額(年額)の2分の1とその事業年度
開始の日以降6か月の期間を1事業年度とみ
なして計算した法人税額を課税標準額として
計算した法人税割額との合計額(仮決算によ
る中間申告)
確定申告 申告期限 事業年度終了の日の翌日から原則2か月以内
納付税額 均等割額と法人税割額との合計額(ただし、
中間(予定)申告により納めた税額がある
場合には、その税額を差し引いた額)

法人の届出について

 法人等の設立・解散又は事務所等の新設・廃止その他の異動が生じたときは、速やかに市役所税務課へ申告をしてください。提出にあたっては、「法人等の設立異動申告書」に必要事項を記入の上、次の書類(写し可)を必ず添付してください。なお、異動届は2部作成してください。(1部を受付し、1部は控えとして受付後お返しします。)
 
  申告書添付書類一覧表

異動の区分
登記簿謄本
定款・総会議事録又は規約
その他の書類
1.設立、本店の転入
 (市外から市内へ)


2.支店等の設置

3.支店等の廃止
4.解散、清算結了
 本店の転出(市内
 から市外へ)

5.休業
6.合併 (存続会社)


合併契約書
(消滅会社)
合併契約書
7.申告期限の延長の
 特例の申請
所轄税務署長に
提出した申請書
控の写し
8.事業年度変更
9.その他の登記事項変更
 (商号・代表者・資本金
 ・本店所在地等の変更)

お問い合わせ先

美馬市役所 税務課 法人市民税係 ℡0883-52-5602

固定資産税

納税義務者

1月1日現在、市内に存在する土地・家屋・償却
資産を保有している登記簿上又は固定資産課税
台帳に登録されている所有者

備考

税額は、国が定める評価基準に基づき算出した評価額から課税標準額を算出し、これに税率を乗じた額

軽自動車税

納税義務者

4月1日現在、市内に原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車を所有している方

備考

軽自動車などの種類、排気量などによって算出

市たばこ税

市たばこ税は、たばこの製造者や特定販売業者及び卸売販売業者が、市内の小売販売業者に売り渡した「たばこ」に対して課されるものです。

納税義務者 

 たばこの製造者(日本たばこ産業株式会社)
 特定販売業者(外国産たばこの輸入業者)
 卸売販売業者

税率


売り渡し本数1,000本につき 5,262円

 ただし、たばこ税関係法令の改正(注1)により、紙巻たばこ三級品(注2)に係るたばこ税及びたばこ特別税並びに県たばこ税及び市たばこ税(以下、これらを総称して「たばこ税」といいます。)の特例税率が廃止され、紙巻たばこ三級品に係るたばこ税の税率が次の表のとおり引き上げられます。

 これに伴い、平成28年から平成31年までの各年における4月1日午前0時現在において、販売用の紙巻たばこ三級品を5,000本以上所持するたばこ販売業者の方に対しまして、たばこ税の「手持品課税」が行われます。

(注1) この改正は、平成28年4月1日から実施されますが、激変緩和の観点から経過措置が講じられ、
 平成28年から平成31年までの4段階に分けて実施されます。

(注2)「紙巻たばこ三級品」とは、わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ及びバイ
 オレットの6銘柄をいいます。

期 間 税率(1,000本当たり)
市たばこ税
平成28年4月1日から 平成29年3月31日まで  2,925円
平成29年4月1日から 平成30年3月31日まで 3,355円
平成30年4月1日から 平成31年3月31日まで 4,000円
平成31年4月1日から 5,262円

申告・納付

 たばこの製造業者等が、前月の初日から末日までの間に売り渡した「たばこ」に対する税額を算出し、申告・納付します。
 ただし、「手持品課税」の対象となるたばこ販売業者の皆様は手持品課税納税申告書を提出し、納付していただくこととなります。

 

お問い合わせ先

美馬市役所 税務課 諸税係 ℡0883-52-5603

国民健康保険税

 詳細については国民健康保険税(こちら)をご参照ください。
 

▲ページトップへ

行政情報 HOME

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ