このページの本文へ移動
美馬市 行政情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
観光情報 防災情報 入札情報

市政全般

HOME > 行政情報TOP > 市政全般 > 地方創生 > 地域経済分析システム(RESAS)

地域経済分析システム(RESAS)

地域経済分析システム(RESAS)

 地方自治体の様々な取り組みを情報面から支援するために、まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムです。
 英語表記(Regional Economy (and) Society Analyzing System)の頭文字を取って、“RESAS”(リーサス)と呼んでいます。
 RESASは「産業マップ」「観光マップ」「人口マップ」「自治体比較マップ」などさまざまなマップから構成されています。美馬市のマップも検索できますので、ぜひご覧ください。

リンク

RESAS

RESASのページ(外部リンク)
※閲覧の際はGoogle Chromeブラウザでご覧ください。

開催された行事

平成30年度

四国経済産業局施策功労者感謝状授与式

 美馬市では、RESAS(リーサス:地域経済分析システム)が供用開始された平成27年度から、総合戦略策定への活用だけでなく、中・高生向けのセミナー・ワークショップや、フォーラムの開催など、RESASの普及・活用に積極的に取り組んできました。
 その功績が認められ、平成30年5月24日、長濱四国経済産業局長から藤田市長に感謝状が授与されました。

授与 感謝状

平成29年度

脇町高校政策立案ワークショップ

 平成30年3月16日、脇町高校において、1年生190名を対象とした政策立案ワークショップ研修を行いました。研修では、国の政策アイデアコンテスト優秀作品の紹介と政策立案について学んだ後、各グループで「美馬市の未来のまちづくりのための政策」を考え、各クラス内でそれぞれの意見を発表をしました。

美馬市RESASフォーラム2017開催(美来創生☆政策アイデアコンテスト最終審査)

 平成30年2月11日、穴吹農村環境改善センターにて、62名が参加し、美馬市RESASフォーラム2017を行いました。フォーラムでは、「課題解決のためのデータ分析」として実務データ分析のスペシャリスト柏木吉基氏による講演や、市独自の「美来創生☆美馬市政策アイデアコンテスト2017」の最終審査も開催しました。

 最終審査では、「中学生・高校生の部」と「一般の部」に応募のあった提案の中から1次審査を通過した各3提案のプレゼンテーションが行われました。コンテストの結果は、次のとおりです。

○中学生・高校生の部
 美馬市長賞:美馬飯プロジェクト ~皆で創る市の未来~
 美馬飯プロジェクトチーム(脇町高校) 
 優 秀 賞:美馬に何度も来てみませんか!? 美馬市23箇所めぐり! 
 24HR(脇町高校)
 優 秀 賞:未来ある美馬市へ 
 未来ある美馬市創造チーム(脇町高校) 

※優秀賞は審査の結果、同点のため2提案に贈られました。

○一般の部
 美馬市長賞:美馬市の観光に関するご提案 みんなで知恵を出せば、美来への希望が生まれる!
 東京海上日動火災保険株式会社 中国四国エリア・地方創生会議メンバー
 優 秀 賞:パラグライダーで美馬市の観光を活性化
 池田高等学校辻校数学活用1(池田高校辻校)
 アイデア賞:剣山で美馬市の観光を活性化
 池田高等学校辻校数学活用2(池田高校辻校)

※池田高校辻校は、高校生のグループですが、募集要項において、「中学生・高校生の部」については、美馬市またはつるぎ町にある高校に限定しておりましたので、「一般の部」での応募となりました。

穴吹高校スタートアップ研修

 平成29年11月20日、穴吹高校において、1年生26名を対象として、RESAS活用スタートアップ研修を行いました。研修では、RESASのデータから見た美馬市の特徴や強みなどについて、RESASの活用方法と共に学びました。

起業家育成ワークショップ

 平成29年10月25日、美馬中学校において、3年生63名を対象に起業家育成ワークショップを行いました。
 ワークショップでは実際に会社を経営されている「株式会社だんきち」の与島大樹氏(代表取締役)を講師として、起業に至るまでの原体験・動機付け、課題意識などについて学びました。また、実際に自分たちのこれまで人生を振り返り、ワークシートを用いて「原体験」「課題」「アイデア」について考えました。

地方創生☆政策アイデアコンテスト応募促進事業

 脇町高校にて、国において開催される「地方創生☆政策アイデアコンテスト」に向けたプレゼンテーション資料の添削、作成指導を行いました。
添削、作成指導については次の日程で行いました。
第1回:平成29年8月17日、15名の生徒が参加。
第2回:平成29年10月19日、8名の生徒が参加。
第3回:平成29年10月24日、8名の生徒が参加。

脇町高校RESAS活用スタートアップ研修

 平成29年10月24日脇町高校にて、「RESASスタートアップ研修」を開催し、1年生190名の生徒が研修を受けました。
 研修では、RESASの活用方法や美馬市に係る様々なデータの活用について学びました。

大学生RESAS活用政策立案キャンプ

 平成29年10月7日から9日までの3日間、都市部の大学生(神戸大学、近畿大学)18名が、RESASを活用したワークショップ、フィールドワーク及び地元中・高生との交流を通じて、美馬市における課題の解決や活性化につながる政策の立案を行いました。
 1日目は、RESASの使い方を中心に学び、美馬市の強みや弱みなどといった特徴の洗い出しを行いました。
 2日目は、前日のRESASによって得られた知識を基に、実際にうだつの町並みにおいてそれぞれの活性化策について検討すべくフィールドワークを行いました。
 また、2日目は、地元高校生(2名)も大学生と共にフィールドワークに参加しました。
 3日目は、これまでの内容の総まとめとして、自分たちの考える美馬市の活性化案について発表を行いました。

脇町高校SW-ingリサーチ プレゼンテーション大会

 平成29年9月21日、脇町高校で「SW-ingリサーチ プレゼンテーション大会」が開催され、「美馬市における人口減少対策」をテーマにクラス対抗プレゼンテーションを勝ち抜いた2年生の2チームが発表しました。
 これまでのプレゼンテーション資料の添削、作成指導やワークショップで学んだことを活かした素晴らしい発表でした。

○「美馬市の未来 with special product」(21HR)
概要:美馬市における人口減少と低い認知度・魅力度という課題に対して「美馬市の特産物を用いた活性化」案を提案。ブルーベリーなどの美馬市の特産物を用いたイベントを開催し、美馬市の活性化を図る。

○「美馬飯プロジェクト」(23HR)
概要:人口が減少する美馬市の課題に対して「美馬飯による観光客増加」を提案。美馬市のご当地グルメを開発し、SNSによる情報発信と観光客獲得により、美馬市の活性化を図る。

高校生RESAS活用政策立案ワークショップ

 平成29年9月16日、脇町高校の芳越会館3階にて、脇町高校の生徒32名が参加し、RESASの活用方法と政策立案の方法を学び、美馬市の強み・課題を正確に把握する中から実際に政策の立案体験をし、その内容について発表を行いました。

四国大学SUDAchi講座「RESASで分析!徳島の姿」

 平成29年7月25日、四国大学西部地区スーパーサテライトオフィスにて、牧田修治先生を講師とした「RESASで分析!徳島の姿」の講座が開講され、市職員18名が参加しました。講座では、RESASの基本的な操作説明の後、RESASから見た徳島県の人口増減の現状について学びました。

平成28年度

美馬市商工会青年部脇町支部RESAS活用ワークショップ

 平成29年2月7日、美馬市商工会青年部脇町支部主催で、RESAS活用ワークショップが開催されました。11名が参加し、RESASとは何かというスタートアップから、マップの操作方法の講習を受け、ワールド・カフェ方式で政策立案についてディスカッションしていきました。参加された皆さんの多くが初めてRESASを知り、今後も活用していきたいとの事でした。

resas1 resas2 resas3

美来創生☆美馬市中・高生政策アイデアコンテスト最終審査会プレゼンテーション

 平成29年2月7日、美馬市役所にて、RESASを活用した中・高校生の政策アイデアを審査する「美来創生☆美馬市中・高生政策アイデアコンテスト」の最終審査会プレゼンテーションを実施しました。
 最終審査では応募のあった7提案の中から、1次書類審査を通過した3提案のプレゼンテーションが行われました。RESASのデータ活用はもちろん独自ヒアリングの実施や学生らしい独創的なアイデアなどから、美馬市の未来を元気にするための政策が発表されました。コンテストの結果については下記のとおりです。

○美馬市長賞 脇町高校23HR よみがえれ!!美馬市の文化
○優 秀 賞 脇町高校25HR 美馬市の農業とタイアップした空き家ビジネス
 脇町高校26HR IoT活用による美馬市活性化プラン

idea3 idea1 resas3

中・高生向けRESAS活用政策立案ワークショップ

 平成28年12月3日、穴吹農村環境改善センターにて、美馬市在住の高校生達による「RESAS活用政策立案ワークショップ」を開催し、3名の参加がありました。美馬市における人の流れや観光のデータなど、現状をRESASを活用して把握し、課題解決に向けて参加者がディスカッションしながら政策立案のためのアイデアを出しあいました。

resas1 resas2 resas3

脇町高校RESASスタートアップ講座

 平成28年11月14日から15日にかけて、脇町高校にて「RESASスタートアップ講座」を開催し、1年生205名の生徒がRESASの授業を受けました。美馬市の人口推移や産業としての強み、観光客の動向など、今後の活用に向けてデータの見方を学びました。

resasws1 resas2 resas3

中・高生向け起業家教育ワークショップ

 平成28年11月6日、穴吹農村環境改善センターにて、美馬市在住の高校生達による「起業家教育ワークショップ」を開催し、4名の参加がありました。美馬市における実際の起業や仕事づくりを想定し、参加者がディスカッションしながら起業プロセスを学ぶという内容で、起業家マインドや経営感覚を養うことが出来ました。

kigyou1 kigyou2 kigyou3

美馬市青年連合会RESAS活用政策立案ワークショップ

 平成28年11月5日市役所にて、美馬市青年連合会の皆さんとともに「RESAS活用政策立案ワークショップ」(RESASカフェ)を開催し、青年連合会から10名の参加がありました。当日はBGMを流しながらのリラックスしたワークショップとなり、青年連合会の皆さんからもRESASを活用したまちづくり施策についての活発な意見が出されました。

seinen1 seinen2 seinen3

政策提案ブラッシュアップ研修

 平成28年10月24日、脇町高校にて、「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」への応募提案のブラッシュアップ研修を行いました。資料作成のノウハウやプレゼンでの伝え方、また提案におけるRESASのさらなる活用など、コンテスト応募に向けての支援を行いました。

brushup1 brushup2 brushup3

脇町高校SW-ingリサーチ プレゼンテーション大会

 平成28年9月21日、脇町高校で「SW-ingリサーチ プレゼンテーション大会」決勝が行われ、「美馬市まち・ひと・しごと創生本部」(事務局:市地方創生推進課)から特別審査員として2名参加しました。テーマは昨年に引き続き「美馬市の人口減少に関する問題解決」で、2年生3チームがプレゼンテーションを行いましたが、RESASを用いた分析だけでなく、インタビューなど独自の調査をまじえ、高校生らしい斬新なアイデアの提案がありました。
 ○「しやすい★プロジェクト」・・・企業誘致案
 ○「We Love Mima City~愛する美馬市を守るために~」・・・観光振興案
 ○「Iot活用による医療・福祉先進都市をめざして」・・・Iot活用案

脇町高校校内プレゼン大会

 脇町高校で『美馬市における有効な人口減少対策とは何か?』をテーマにした校内プレゼン大会(第2学年)が行われ、「美馬市まち・ひと・しごと創生本部」事務局から、助言者として参加しました。(準決勝(8月20日)、決勝(8月31日))
 各クラスの代表からは、空き家・遊休公共施設の活用や、移民の促進、サテライトオフィスの誘致、農業分野における人材育成と6次産業化の推進、子育て世代への支援充実によるDEWKSの定住促進など、様々なアイデアが出されました。また、プレゼン技術だけでなく、データの活用や事例分析もしっかりとした、レベルの高いものでした。
 今後も、人口減少問題に取り組む予定、とのことでしたので、RESAS(地域経済分析システム)を紹介し、活用を薦めました。

脇町高校プレゼン大会(全体) 脇町高校プレゼン大会(個別)

中・高生向けRESASスタートアップセミナー

 平成28年7月1日から8月1日にかけて、江原中学校、岩倉中学校、穴吹高校および脇町高校でRESASスタートアップセミナーを開催し、計96名の生徒が参加しました。はじめて扱うRESASでしたが、美馬市人口の将来見通しや、地域の産業、農業についてデータの見方を身につけました。

穴吹高校 脇町高校1

平成27年度

RESASを活用した地域産業に関する勉強会(職員研修)

 平成27年12月8日(火)、穴吹農村環境改善センターにおいて職員を対象とした「美馬市RESASを活用した地域産業に関する勉強会」を開催しました。まず、市から「RESASを活用した分析結果」を報告した後、坂田一郎・東京大学大学院工学系研究科教授から講評をいただき、加えて地域産業を考える際に取るべき視点について講義いただきました。その後、地域産業の課題と特徴を踏まえた活性化策や、企業誘致の地域経済への波及効果を高める政策について、市の担当者から現状や課題の説明をし、坂田教授や内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局、経済産業省の皆様との意見交換を行いました。「供給側の視点ではなく、需要側の視点を持つ必要があること」や、「農林業と観光業とを結びつけること」、「市の外へ目を向け、地域中核企業を軸にネットワークを拡げることが望ましいこと」などを学びました。
 また、前日(12月7日(月))には、坂田教授、まち・ひと・しごと創生本部事務局、経済産業省の皆様と、株式会社河野メリクロン様、株式会社ナプラ様へヒアリングに伺いました。ご協力ありがとうございました。

「地域経済分析システム(RESAS)」活用職員研修会

 平成27年7月6日(月)、「地域経済分析システム(RESAS)」活用に関する職員研修会を開催し、副市長をはじめ24名の職員が参加しました。研修では、経済産業省四国経済産業局から久保孝年課長補佐、石山武志計画係長を講師に招き、RESASを活用した、地域経済や人口動向・将来推計の分析方法について講義を受けました。今回の研修を活かして、美馬市版「人口ビジョン」「総合戦略」の策定に取り組みます。

問い合わせ先

RESASのシステムについて

〒100-8968
東京都千代田区永田町1-6-1 内閣府本府庁舎
まち・ひと・しごと創生本部事務局 ビッグデータチーム
TEL:03-3581-4541
Mail:j.resas@cas.go.jp

美馬市でのRESASの活用について

〒777-8577
美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地
美馬市 企画総務部 企画政策課
TEL:0883-52-8008
FAX:0883-53-9919
Mail:kikaku@mima.i-tokushima.jp

▲ページトップへ

行政情報 HOME

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ