このページの本文へ移動
美馬市 観光情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
行政情報 防災情報 入札情報

文化財

HOME > 観光情報TOP > 文化財 > 国指定等文化財 > 美馬市脇町南町重要伝統的建造物群保存地区

美馬市脇町南町重要伝統的建造物群保存地区

所在地:美馬市脇町字突抜町・町南
昭和63年12月16日 国選定

町並み 日中1

町並み 日中2

町並み 俯瞰3

町並み 夜間

脇町の「うだつの町並み」の特徴

  1. 東西に通じるメインの道路の長さは約430m、指定地区の面積は5.3ha、伝統的建造物は85棟、環境物件(石垣や井戸等)65件、修景物件(母屋、塀等)94件です。
    ※認定当初、伝統的建造物は88棟あったが、建物の劣化、倒壊により3棟減となりました。(平成24年11月追記)
  2. 通りに面した母屋のうち、伝統的な町屋は50戸あり、そのうち22戸が間口四間半(9m)以上の規模となっています。敷地の奥行きは間口に比べて深く、80m以上のところもあります。
  3. 建物の特徴は、屋根は本かわらぶきであり、2階の窓は防火に重点をおいた「虫籠窓」となっています。2階の屋根の両端にしっくい塗りの「うだつ」があります。
  4. 建物で最古のものは、1707(宝永4)年の棟札は確認されています。保存計画では、昭和のものまで含めて母屋の7割となっています。

保存に至る経緯(家屋)

 太平洋戦争の終結後、日本は近代化が進み、商工業ともに大きく発展し、国民の生活も豊かになりました。この豊かさなどが、新しいものへのあこがれとなり、古い家屋の取り壊しにつながりました。
 このような状態を心配した文化庁は、急速に失われていく民家を保存するための緊急調査を1966(昭和41)年から1977(昭和52)年にかけて、各都道府県ごとに実施し、保存すべきものの実態を調べました。
 徳島県でもこの一斉調査で、保存を必要とした8件が国の重要文化財に指定されました。そのうちの1件が、美馬市脇町の「旧長岡家住宅」です。
 戦前、国宝(現在の重文)に指定されていたものは、大阪の吉村邸(羽曳野市所在の旧庄屋の屋敷)と二条陣屋(京都市)だけでした。
 1998(平成10)年9月現在、全国で2,167件、3,646棟の民家が重文に指定され、独立家屋の保存については一応の発展が見られました。

保存に至る経緯(町並み)

 次に独立家屋ではなく、その集合体として歴史のある古い町並みには、ある懐かしさと文化や伝統のすばらしさが感じられます。
 古い伝統のある地区(萩、倉敷、今井町など)では、昔の姿を見直す動きが出てきました。この動きに応じて文化庁は、1975(昭和50)年、伝統的建造物群保存地区および、これと一体をなしてその価値を形成している環境を保存し、文化財の対象とする条項を加える改正をしました。
 俗に言う町並み(町家を中心とする分野)、集落(農漁村などが対象)、武家屋敷等がその対象で、町並み、集落は景観として保存されるもので、民家の内部までは規制しないものとされています。町並みの場合は隣家と接しているので、規制を受けるのは外観だけになります。
 長野県妻籠を見るとわかるように、対応できなくて困るようなことはほとんどなく、むしろ観光資源とすることで、経済的活力が生まれます。
 旧脇町では、1984(昭和59)年、「脇町の文化を進める会」が発足、多彩な文化活動を行うと同時に、「町並み保存のシンポジウム」や、「まちづくりフォーラム」等を開いて町民を啓発、意識の高揚に努めました。続いて建設省から「手作り郷土賞」と「日本の道百選」に選ばれました。旧脇町は、1988(昭和63)年、市街地景観条例を制定するなど保存対策を進め、同年9月16日には保存地区を決定しました。文化庁は、これらのことを受けて、全国で28番目の町並みとして選定しました。

保存活動の現在

 地元では全戸が参加して、保存会を結成。一致団結して、町並み保存と修復に努めています。
 また、住民有志は、ボランティア活動として、町並み見学者の案内にあたり、隠れた協力者となっています。 
 美馬市となった現在も、諸施設の改善等に力を入れ、観光地として魅力あるものに仕上げていくことに積極的です。

▲ページトップへ

観光情報 HOME

美馬市役所 外観写真

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ