このページの本文へ移動
美馬市 観光情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
行政情報 防災情報 入札情報

文化財

HOME > 観光情報TOP > 文化財 > 国指定等文化財 > 安楽寺(あんらくじ) 〔国登録有形文化財〕

安楽寺(あんらくじ) 〔国登録有形文化財〕

所在地:美馬市美馬町字宮西11
平成21年8月7日 国登録

 寺伝によると、安楽寺は平安時代から続く天台宗寺院の真如寺を正元元年(1259)に東国から来た千葉彦太郎によって安楽寺に改め、浄土真宗に改宗したと伝えられる。浄土真宗寺院としては、四国最古期の寺院であり、最盛期の江戸時代中期には、四国各地に84ヵ寺の末寺、近隣に複数の隠居寺や寺中寺をもっており、寺町が形成されていく過程で大きな役割を果たした寺院といえる。
 本堂、鐘楼、書院、山門が文化財として登録されており、なかでも宝暦6年(1756)に建立された三間三戸二階二重門の山門は、上下層で異なる特異な建築様式を呈する。また安楽寺には「赤門寺」の別称があるように、この朱塗の山門は安楽寺を象徴する建物でもある。

安楽寺山門

安楽寺本堂

安楽寺書院

安楽寺鐘楼

▲ページトップへ

観光情報 HOME

美馬市役所 外観写真

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ