このページの本文へ移動
美馬市 観光情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
行政情報 防災情報 入札情報

文化財

HOME > 観光情報TOP > 文化財 > 市指定文化財2(有形文化財) > 脇町劇場(わきまちげきじょう)

脇町劇場(わきまちげきじょう)

所在地:美馬市脇町大字猪尻字西分140番地1
指定年月日 平成10年7月3日

 1933(昭和8)年、清水多平・藤井富三朗らが計画し、当時町内の実業家であった森幸雄氏や吉川長次氏に働きかけて、翌年の1934(昭和9)年、木造二階建てで750人収容でき、回り舞台・花道・映写室を備えた劇場を建設した。戦前は、歌舞伎や浪曲などが催され、戦後は映画館として地域の憩いの場として親しまれた。
 56年間にぎわった劇場でしたが、映画の衰退が日増しにひどくなり、1995(平成7)年1月、閉館。
 その後、山田洋次監督のお正月映画「虹をつかむ男」(松竹映画)の舞台となり、その中で脇町劇場はオデオン座として登場。再び注目されるようになった。 
 その結果、価値が再認識され保存にむけての運動が活発になり、1998(平成10)年7月、町の文化財に指定され、昭和初期の創建時の姿に修復された。
 現在は、映画で登場した「オデオン座」の名称で親しまれ、内部見学、映画鑑賞会や文化活動の発表の場として利用されている。

脇町劇場(オデオン座)

脇町劇場 夕暮れ時

脇町劇場 内部

脇町劇場 奈落

▲ページトップへ

観光情報 HOME

美馬市役所 外観写真

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ