このページの本文へ移動
美馬市 観光情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
行政情報 防災情報 入札情報

観光案内

HOME > 観光情報TOP > 観光案内 > 観る > 白人神社・神明神社

白人神社・神明神社

白人神社

 白人神社は1596~1614年(慶長年間)の初め、稲田修理亮によって再興されたといわれ、阿波藩の家老であり脇城主(後に淡路城代となる)であった稲田家の信奉が厚かった神社です。
 稲田氏は代々鎧・刀・画などの寄進をたびたび行っていますが、当神社玄関にある「白人大明神」と刻まれた額も稲田主税助植春の奉納したもので、彗雲鉄啀の書になるものです。そのほか同神社に保存されている箙(えびら)は木製で、蜻蛉の形の彫り物を施し、全国的にも類例が少ないといわれています。

白人神社(鳥居)

白人神社(境内)

白人神社御的射祭り

白人神社御的射祭りの写真

 保元の乱後讃岐におられた崇徳上皇をたずねてきた源為朝が阿讃国境の相栗峠で弓を引いたところ、その矢が白人神社に落ちたと伝えられ、それ以来、弓は神社宝物となり、旧正月十四日御的射が行われています。

彗雲鉄啀

 禅宗の僧で、1626(寛永3)年仙台で生まれました。浅井長政の曽孫といわれ、書画に通じ楊柳観音図が著名です。また稲田九朗兵衛植久の奉納した絵馬は、狩野方信が黒馬を描いたものです。

白兎

白人神社の大神のお使いと伝えられる白兎

神明神社

 白人神社より約100メートル西南の石段130階段の丘陵上にあります。
社地はシイ・マツ・カシなど密生していて”神明はん”とか”神明の森”と呼ばれています。 
石垣で囲まれた特異な形態の神社です。石垣は、幅1.5~2.0メートル、高さ1.2~1.8メートルで、東西約22メートル、南北約7メートルの長方形になっています。南側が正面になっていて三箇所の入り口があります。幅約1.5メートルぐらいずつ石垣が切れていて、入口の上には、板石を架けて門状になっています。
石垣内に入ると奥の石垣の前に小祠が五座配置せられています。

神明神社の写真1

神明神社の写真2

▲ページトップへ

観光情報 HOME

美馬市役所 外観写真

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ