このページの本文へ移動
美馬市 観光情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
行政情報 防災情報 入札情報

観光案内

本楽寺

 仁明天皇の828(天長5)年3月、僧恵運が真言の道場として開創したといわれ、蓮華山本楽寺と名付けられました。  
 1131(天承元)年8月19日、僧有純が中興したと伝えられております。当寺は、高丸山が吉野川に接する地点にあって天然の要害であるため、戦国時代は砦に利用されました。  
 1573~1592年(天正年間)に長宗我部氏の兵火にかかって全焼し、多数の宝物が焼失しました。1863(文久3)年に再度火災にあい、翌年に僧有圭が再建し現在に至っています。
本楽寺ホームページ(外部リンク)

本楽寺の写真1

本楽寺の写真2

所蔵文化財

  1. 本尊 阿弥陀如来像
    木造寄木作り内刳り(うちぐり)の高さ45cmの座像です。腹帯を結んでいる特異な姿であることから、鎌倉時代の作と伝えられています。柔らかさと厳しさを兼ね備えた重厚味のある、色彩鮮やかな如来像です。
  2. 大聖歓喜天
    1701(元録14)年に鋳造されたもので、徳川6代将軍家宜公から寄進されたと伝えられている秘仏です。
  3. 仏画「弥靱曼荼羅」
  4. 仏画両界曼多羅
  5. 仏画 涅槃像
  6. 位牌

本尊 阿弥陀如来像

▲ページトップへ

観光情報 HOME

美馬市役所 外観写真

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ