このページの本文へ移動

文字サイズの変更: 標準 小サイズ 大サイズ 特大サイズ

みまっこ子育て応援サイトスマートフォン
トップ > 知りたい > 手当・助成制度 > みまっこ医療費助成制度

みまっこ医療費助成制度

 お子さんが病気やけがで医療機関に受診したときに、健康保険証といっしょに、みまっこ医療費受給者証を提示すれば、保険診療の一部負担金を市が助成する制度です。
 各申請は、子どもすこやか課(各市民サービスセンター可)窓口で、申請書の記入・提出をお願いします。
※令和元年9月1日から、助成対象が15歳に達する3月31日から18歳に達する3月31日までに拡大されます。年齢拡大の対象となった方は申請がなければ、みまっこ医療費の助成が受けられませんのでご注意下さい。
※詳しくはこちら

助成を受けることができる人

 美馬市に住民票をおく、18歳に達する3月31日までのお子さま。
 ※所得制限はありません。
 ※生活保護を受けている方は助成を受けることができません。
 ※3歳以上で重度障がい者医療の助成が受けられる場合は、そちらを優先して適用します。

助成対象期間

 医療費助成の開始は、次の場合を除き、申請した月の初日からです。

・出生による申請のとき・・・出生日から
・市外から転入した月内の申請のとき・・・転入日から
・新たに健康保険に加入した月内の申請のとき・・・健康保険に加入した日から

助成対象範囲

 健康保険の診療対象となる医療費の自己負担相当額のうち、下記の費用を除いた額を助成します。

 保護者の一部自己負担金表
支給対象者 保護者の一部自己負担金
0歳から
小学校6年生修了まで
(受給者証の色:ピンク色)
外来入院
一部自己負担金は、
必要ありません
中学校1年生から
18歳に達する3月31日まで
(受給者証:薄い緑色)
外来入院 1医療機関あたり 
600円/月まで

助成対象外となるもの

・入院時の食事代
・保険適用外の医療費(薬の容器代、入院時の差額ベッド代、診断書料、予防接種、時間外選定療養費、初診時特定療養費など)


☆学校(保育所、幼稚園、小・中学校等)管理下で起こった災害(登下校含む)でけがをした時について
 日本スポーツ振興センターの災害共済給付が優先されます。
 医療機関で「みまっこ医療費受給者証」は使用せず、自己負担していただき、学校等にご相談ください。
 ただし、医療に要する(初診から治療までの間の)医療費総額が5,000円未満(就学時は3割負担のため、自己負担金1,500円未満、未就学児は2割負担のため、自己負担1,000円未満)の場合や、日本スポーツ振興センターの災害給付が支給されなかった場合は、みまっ子医療費助成制度をご利用ください。

助成を受ける方法

☆徳島県内の病院・薬局等にかかられた場合
「子どもの健康保険証」と「みまっこ医療受給者証」を、病院・薬局等の窓口で提示してください。

☆その他の場合
 徳島県外の病院・薬局等にかかられた場合、治療用装具を作られた場合などは、「みまっこ医療費受給者証」は使用できませんので、いったん窓口で自己負担していただき、後日、払い戻しの方法で助成します。

みまっこ医療費 関係届出・手続き一覧

提出を必要とするとき 届出
出生 みまっこ医療費受給者証交付申請書
転入 みまっこ医療費受給者証交付申請書
転出 破棄
住所が変わったら 内容変更届
名前が変わったら 内容変更届

申請手続きに必要なもの

子どもすこやか課(各市民サービスセンター可)窓口で、手続きしてください。
資格確認後、「みまっこ医療費受給者証」を交付します。

対象となる子どもの健康保険証(写)
印鑑(朱肉使用のもの)
対象となる子どものマイナンバーカード(個人番号カード)、または通知カード
生計を維持する保護者のマイナンバーカード(個人番号カード)、または通知カード

※転入された方には、生計を維持する保護者の方の所得課税証明書を提出していただきます。
※氏名、住所および健康保険証の内容に変更があった時は、届け出てください。

届出が必要な場合

受給者証の交付後、次のような変更があったときは、子どもすこやか課ですみやかに変更手続きをしてください。

・市外への転出または住所の変更があったとき
・加入している健康保険に変更があったとき、または資格がなくなったとき
・氏名が変わったとき
・生活保護を受けることとなったとき
・交通事故など第三者行為により病院・薬局等にかかり、受給者証を使用したとき
・その他、助成対象の条件を満たさなくなったとき

請求により、助成が受けられるもの(払い戻し/償還払い)について

受給者証の有効期限内において、下記の場合に、支払った医療費を払い戻すことができます。(償還払い)
詳しくは、子どもすこやか課までお問い合わせください。

・県外の医療機関を受診された際に、自己負担金を支払われた場合
・健康保険の使用できる接骨院や整骨院の柔道整復施術料
 ※平成27年4月1日施術分より、美馬市と契約した柔道整復師に限り、受領委任払が可能です。受診された際、保険証・受給者証・印鑑をお持ちください。(中学生の方は、自己負担額を差し引いた額を助成します)
・医師が必要と認めたコルセットやサポーター等の治療用装具、9歳未満の小児弱視等の治療用眼鏡を購入した場合


★払戻しの手続きに必要なもの
対象のお子さんの健康保険証
印鑑(朱肉使用のもの)
領収書原本(レシート不可)
保護者名義の通帳(児童手当の口座も可)

受給者証

申請により対象者として認定した人には、「みまっこ受給者証」を交付します。


▲ページの先頭へ

みまっこ子育て応援サイト

美馬市役所
〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地
TEL:0883-52-1212(代表)
Copyright (C) 2015 Mima city All rights Reserved.