このページの本文へ移動
美馬市

防災について

トップ > 防災について > 台風・豪雨

台風・豪雨

大雨のときにどう逃げる?


気象庁では、台風・豪雨から「自らの命は自らが守る」ための基本的な知識ととるべき行動を学ぶため、eラーニング教材「大雨のときにどう逃げる」をホームページで公開しています。
台風・豪雨に備えて、自宅の災害リスクやいつ・どこへ避難すべきかなどが学べます。
パソコンやスマートフォンなどで時間や場所を気にせず自由に受講できますので、ぜひ受講してください。

■学習する5つのステップ
@避難の理解からはじめよう(避難を行うためのポイントを理解しよう)
Aあなたの家は大丈夫?(あなたの家の災害リスクを知ろう)
Bどこに逃げたらいい?(大雨のときの避難先)
C避難するときどうする?(避難にかかる時間を考えよう)
Dいつ逃げたらいい?(あなたの避難のタイミングを考えよう)

▼受講はこちらから(気象庁のホームページへ)

台風に備えて対策をお願いします


■台風接近前の飛来物予防のお願い
強風により、看板やトタン屋根、畑の表面を覆うマルチシートなどが飛ばされ、電線に引っ掛かり停電となる事例が発生しています。
台風シーズン前には、飛ばされるものは固定し、古くなった屋根は修理するなど、事前の対策をお願いします。

■台風通過後の事故防止のお願い
切れて垂れ下がった電線に触れると、感電などの恐れがあり大変危険です。
また、電柱や電線に巻き付いたシートやトタンに触れても感電などの恐れがあり大変危険です。
絶対に近づかないで、四国電力送配電株式会社(池田支社:0120-410-229)へ連絡してください。


■LINEで停電情報をお知らせします
四国電力送配電株式会社では、停電情報をタイムリーにお届けするため、LINEの公式アカウントを活用した停電情報の配信サービスを提供しています。
このサービスは、利用者が事前に指定したエリアで停電が発生した場合、「停電発生」と「停電復旧」のタイミングで情報を自動受信することができます。
登録・利用は無料(データ通信料は利用者負担)です。万一に備えてぜひ登録してください。


破損・浸水した太陽光発電設備による感電事故に注意!

台風など豪雨の影響により、全国で太陽光発電設備の破損・浸水被害が発生しています。
徳島県内でも、8月に阿南市で1件の浸水被害が発生しました。
(なお、感電事故は発生していません。)

破損・浸水した太陽光発電設備は、接近すると感電するおそれがありますので、むやみに近づかないようにしてください。

土砂災害に注意しましょう!

近年の異常な豪雨の増加に伴い、各地で土砂災害が多発し、多くの犠牲者が出ています。
台風や長雨のときは、土砂災害警戒情報に注意し、危険を感じたら早めの避難を心がけましょう。
ただし、豪雨などでどうしても避難所へ避難することが困難な場合には、近くの頑丈な建物の2階以上に避難したり、それも難しい場合は、家の中でより安全な場所(崖から離れた部屋や2階など)に避難しましょう。

■土砂災害の前兆現象(地すべり)


■土砂災害の前兆現象(土石流)


■土砂災害の前兆現象(がけ崩れ)


▲ページの先頭へ

防災情報 HOME

美馬市役所 外観写真

美馬市役所
〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地
TEL:0883-52-1212(代表)
Copyright (C) 2015 Mima city All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ