このページの本文へ移動
美馬市

緊急情報

トップ > 緊急情報

緊急情報

鳥インフルエンザの陽性確認について

令和3年2月9日、美馬市美馬町の養鶏農場で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認され、その後、15日夕方に、今季、全国で相次いでいる鳥インフルエンザと同型の高病原性であることが確認されました。
(なお、当該農場の防疫措置は2月10日午後7時に終了しています。)

2月9日の午前9時30分から、市の内外に7か所に消毒ポイントを設置していましたが、その後、発生農場を中心とする半径3km以内の「移動制限区域」内の養鶏場を対象として実施した「清浄性確認検査」において陰性が確認されたため、発生農場を中心とする半径3〜10km以内の「搬出制限区域」は2月27日午後9時をもって解除されました。

さらに3月4日午前0時をもって「移動制限区域」についても解除され、全ての消毒ポイントが廃止されました。

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃厚な接触などの特殊な事例を除いて、鶏肉や鶏卵を食べることなどにより人に感染した事例は報告されていませんので、冷静な行動をお願いします。

なお、鳥や動物に触った後はよく手を洗うとともに、ウイルス感染防止のため、野鳥が多い水辺にはなるべく近づかないようお願いします。

また、マガモ等のカモ類やハヤブサ等の猛禽類などが死んでいた場合や、その他の野鳥が同一場所で複数死んでいるのを見かけた場合は、決して触れたりせず、次のところまでご連絡ください。

○農林課(電話0883−52−5609)
○西部県民局 保健福祉環境部(電話0883−53−2060)
○死亡野鳥対応フリーダイヤル(電話0800−200−5444)
○徳島県鳥獣対策・ふるさと創造課(電話088−621−2262)
 ※休日・夜間は県庁衛視室(電話088−621−2057)


つるぎ町での鳥インフルエンザウイルスの検出について(令和3年2月4日)

令和3年1月29日につるぎ町内で回収された死亡野鳥(マガモ)から鳥インフルエンザウイルスが検出され、2月11日に高病原性と確認されました。徳島県では、回収地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化しています。


和歌山県での豚熱の確認について

令和3年1月26日、和歌山県において豚熱の患畜が確認されました。なお、和歌山県から徳島県への豚の出荷や搬入はありません。
豚熱は、豚やイノシシの病気であり、人に感染することはなく、市場で流通している豚肉は安全ですので、冷静な行動をお願いします。
徳島県では、豚熱を含む家畜伝染病を「持ち込ませない、発生させない」ため、最大限の危機意識を持って取り組んでおりますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

高病原性鳥インフルエンザの発生について

令和2年11月以降、香川県をはじめ各地で高病原性鳥インフルエンザの患畜が確認され、令和2年12月19日には徳島県内でも確認されました。

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃厚な接触などの特殊な事例を除いて、鶏肉や鶏卵を食べることなどにより人に感染した事例は報告されていませんので、冷静な行動をお願いします。

令和3年1月12日に移動制限は解除され、1月21日には「野鳥監視重点区域」が解除、1月26日には香川県境に設置している消毒ポイントも終了されておりますが、引き続き、野鳥などが大量に死んでいるのを見かけた場合は決して触れたりせず、次のところまでご連絡ください。

○農林課(電話0883−52−5609)
○西部県民局 保健福祉環境部(電話0883−53−2060)
○徳島県鳥獣対策・ふるさと創造課(電話088−621−2262)
 ※休日・夜間は県庁衛視室(電話088−621−2057)



国道492号線の通行規制の変更について<令和2年12月13日午後5時から>

令和2年10月13日に発生した路肩決壊による国道492号(美馬市穴吹町古宮字生子屋敷の有限会社穴吹生コンから上流160メートルのところ)の全面通行止めが、令和2年12月13日(日)午後5時から時間通行制限に変更されます。通行制限の期間は翌14日から令和3年2月26日までとなっており、平日の午前9時から午後4時30分までの間で主に1時間のうち10分間通行が可能となるほか、正午から午後1時までの1時間は通行できる予定です。なお、午後4時30分から翌朝9時までと、土曜、日曜、祝日、さらには12月29日から1月3日の間は規制が解除されます。
通行止めの時間、通行できる時間などについて詳しくは、次の問い合わせ先までお願いします。

徳島県西部総合県民局県土整備部<美馬>予防保全・管理担当
TEL:0883−53−2231

※場所については、

【教育委員会からのお知らせ】ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用照明器具の発見について<令和2年10月>

●処置内容
美馬中学校体育館で発見されたPCB使用機器を取り外し、施錠ができる場所で厳重に保管するなどの安全対策を講じて、体育館の使用を再開しています。

●今後の対応
○全小中学校の内、原則として昭和52年3月末までに建設又は改修された建物について、安全確認のため、再度点検調査を行います。
○認定こども園、保育所を含め他の公共施設についても速やかに点検調査を行います。

生徒や保護者を始め、市民の皆様にはご心配とご迷惑をおかけし、心からお詫び申し上げます。美馬市教育委員会といたしましては、生徒に健康被害が出ないよう最善の措置を取るとともに、今後の再発防止に努め、より一層の安全対策を講じてまいります。


●本件の問い合わせ先
美馬市教育委員会事務局 教育総務課
電話 0883−52−8010


■経過報告(令和2年10月30日(金))
体育館への立ち入りを禁止し、状況の確認と事故現場の処理方法を関係機関とともに検討し、対応にあたりました。なお、電気保安協会からはPCBを使用した安定器であることが確認された、との報告を受けました。
現在のところ、生徒や教員への健康被害は確認されていません。
美馬中学校保護者に対し、お詫びと報告を通知するとともに、隣接の美馬小学校保護者にも経緯をメールにより報告しました。

■経過報告(令和2年10月29日(木)午後7時10分頃)
電気保安協会の調査により、管理室内でPCBを使用していると思われる安定器が確認されました。その後、体育館内の他の照明を確認したところ、もう1か所でPCBを使用していると思われる安定器が発見されました。

■経過報告(令和2年10月29日(木)午後4時頃)
美馬中学校体育館の管理室付近で生徒が異臭を感じ、美馬中学校教諭及び教頭が原因の究明に当たりましたが原因が特定できませんでした。教育委員会の指示により電気保安協会に電源関係の確認を依頼しました。


●PCBについて
PCB(ポリ塩化ビフェニル)について詳しくは徳島県のホームページからご確認ください。
 

道路等の通行規制情報

道路の通行止めなど、通行規制の情報はこちらからご確認ください。

▲ページの先頭へ

防災情報 HOME

美馬市役所 外観写真

美馬市役所
〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地
TEL:0883-52-1212(代表)
Copyright (C) 2015 Mima city All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ