注目ワード

チャットボット

閉じる
総合トップ
行政情報市政情報地方創生・過疎対策「人生100年時代」美と健康のまちづくり7/30(土)寺島 実郎さんによるジェロントロジー講演会について

7/30(土)寺島 実郎さんによるジェロントロジー講演会について

2022年9月13日公開

IMG_4261 (JPG 3.24MB)

令和4年7月30日(土)に、美馬市地域交流センターミライズにおいて、「なぜ『知の再武装』が必要なのか ~時代の転換期を生き抜く~」と題した講演会を行いました。
講演の中で述べられた寺島実郎さん(一般財団法人 日本総合研究所会長・多摩大学学長)の主な発言内容についてご紹介します。

●人生100年時代において、自分がどういう時代を生きているのかを、知見と問題意識を持って的確に認識しようとすることが重要であり、それがジェロントロジーの「イロハのイ」である。

●世界のGDPに占める日本のシェアは、1994年のピーク17.9%から2021年では5.1%まで低下している。日本はもはやアジアトップの経済国家ではないということを認識する必要がある。

●日本の貿易相手国は、アメリカよりも中国を中心とした大中華圏の比重が大きくなってきており、今後さらに拡大する。このようなアジアダイナミズムをどれだけ引き付けて成長・発展に繋げられるかが、日本や四国地域にとっての課題である。

●新聞、本、雑誌が読まれない時代になってきている。特に若者はSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で情報を入手する傾向にあるが、SNSから入手できる情報は限定的で、偏ったものになる危険性がある。

●そこで「人生100年時代」で重要なのは「全体知」である。全体知を身につけるためには、体系的な情報を自ら得ようとする努力が必要だ。 TOKYO MXで放映中の「寺島実郎の世界を知る力」の全体テーマは「全体知への接近」であり、興味のあるテーマからぜひアクセスして、真剣に見てもらえたらと思う。

●高齢化社会を生きていくためには、腹を括って学び直さないといけない。 なぜなら我々が学生時代に大学で学んだような知識が現在では通用 しなくなってきているからで、努力して知のアップデートをしていかなければならない。

●生命科学の進化により、ヒトとチンパンジーのDNAの差はほとんどないことが分かったが、ヒトには「共感力」がある。 また、AI(人工知能)が人間の能力を超えると言われ、目的を達成する手段を合理的に選んだり、認識する力では人間はAIに負けるが、愛情や友情も含めた「意識」があるというのが人間のすごさである。 人間が人間たる価値を理解し、どのような社会を作るのがよいのかを見出していく必要がある。

●21世紀の日本産業の進路を考えた時に、イノベーションも重要だが、日本総研では食と農や医療・防災といった「ファンダメンタルズ」の強化に全力で取り組んでいる。  美馬市は水とエネルギーと食料という面でポテンシャルがあると思うので、それを活かしていくべきではないか。

●これまでの日本の産業構造は国民の豊かさを追求するものであったが、これからは「安全・安心」のための産業構造を作らなければならない局面に来ている。  そのために日本総研では、医療・防災産業を産業の中軸に据えようという取組(例えば道の駅の防災拠点化など)を現在行っている。その点でも美馬市とも連携しながら、世の中を一歩前に進めるプロジェクトを実装していきたい。

当日は、市内在住または在勤の265人の方にご参加頂き、大変盛況で終了しました。

IMG_4216 (JPG 4.74MB)

IMG_4211 (JPG 3.95MB)

2205ジェロントロジー_1 (JPG 1.89MB)

美馬市「人生100年時代」美と健康のまちづくりプロジェクトの一環として、加齢による変化や高齢社会に必要な仕組み作りを様々な分野から考える「ジェロントロジー」について学び、「100歳人生」を心身ともに健康に豊かに過ごすためのヒントを、TBS系列「サンデーモーニング」でもおなじみの日本総合研究所会長の寺島実郎さんからご講演いただきます。
参加費無料ですので、この機会にぜひご参加ください。
参加には、申込みが必要です。詳しくは下記をご確認ください。

7/30(土)ジェロントロジー講演会について

※この講演会は、すでに終了いたしました。

●日時  令和4年7月30日(土) 13:00~15:00(開場:12:15)

●場所  美馬市地域交流センター ミライズ 市民ホール(美馬市脇町大字猪尻字西分116-1)

●対象  美馬市在住または在勤の方 先着500名(要申込

●講師  一般財団法人日本総合研究所 会長 寺島 実郎 氏

●演題  なぜ「知の再武装」が必要なのか ~時代の転換期を生き抜く~ 

費用

参加費は無料です。

申込方法

別添の申込用紙の事項を明記のうえ、
FAX、郵送、持参、メールのいずれかでお申込みください。
※持参の場合は、市役所(秘書人事課)、各市民サービスセンター、または小星ベースへご提出ください。

カテゴリー

閲覧履歴

募集

便利なサービス