注目ワード

チャットボット

閉じる
総合トップ
行政情報産業・しごと農業・林業農業振興高収益作物次期作支援交付金(第4次募集)について
行政情報申請書ダウンロード産業・しごと農林水産業高収益作物次期作支援交付金(第4次募集)について

高収益作物次期作支援交付金(第4次募集)について

2021年7月31日公開

新型コロナウイルス感染症の発生により売上が減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆様に対して、取組面積に応じて交付金を交付します。
第4次募集を開始しました。

交付金の対象となる生産者

【要件1】

令和3年1月から3月までの間に、下記の高収益作物について出荷実績がある、又は出荷できずに廃棄した実績があり、かつ次期作に向けた取組をおこなう生産者。

  • 第4次募集において対象となる高収益作物
    全国で対象となる品目
    メロン、つまもの類、香酸かんきつ類、切り花
    徳島県追加品目
    カリフラワー、つるむらさき、クレソン、とうがらし類、つまもの(いろどり:非食用のつまもの(南天、青もみじ、さくら等))

【要件2】

収入保険、農業共済等のセーフティーネットに加入していること、又は加入に向けて共済組合と保険設計の相談等の加入に向けた具体的な検討を行うこと。

【要件3】

令和3年1月から3月の支援対象品目の売上が平成31年または平年の同時期に比べ減収のあった生産者。

支援内容等

【支援内容】

高収益作物次期作支援として、1から3の支援単価において、次のAからCの方法で算出される交付額の内、最も算出された金額が低いケースにおける減収額の8割を超えない範囲で交付金を交付します。

  1. 基本単価(野菜・花き・果樹) 10アール当たり5万円(中山間地域は5.5万円)
  2. 高収益作物の出荷実績があり、かつ施設栽培の花き、大葉、わさびを次期作で作付けする場合(加温又はかん水装置がある施設) 10アール当たり80万円
  3. 高収益作物の出荷実績があり、かつ施設栽培の、マンゴー、おうとう、ぶどう、すだち(施設加温栽培)を次期作として作付けする場合(加温又はかん水装置がある施設) 10アール当たり25万円

A.1から3の支援単価において、それぞれの「取組項目」のうち、2つ以上の取組を実施する面積を適用したケース。

B.令和3年1月から3月の間に出荷実績のある高収益作物のうち、平成31年または平年の同時期の売上を比較し、売上の減収のあった品目の減収額を合計した金額のケース。

C.1から3において、上記Bで減収のあった品目の耕作面積に対し、1から3のうち該当する支援単価を乗じて導かれる金額の合計のケース。

事業の流れ・スケジュール

【受付期間・時間・場所】

  • 申請募集期限
    令和3年7月30日(金曜日)(消印有効)
  • 受付時間
    午前9時から午後5時まで
    (正午から午後1時の間は除く)
  • 受付場所
    美馬市役所4階 経済部 農林課

※申請には印鑑をご持参ください。

【必要書類】

  1. 申請書(別紙様式第6-1号)
  2. 取組計画書(別紙様式第6-2号)
  3. 参考様式(交付額の算定書式)
  4. 令和3年1月から令和3年3月の間及び平成31年または平年の同時期における売上実績を証明できるもの、又は廃棄等により出荷できなかった事実を証明するもの(出荷伝票、納品書等)
  5. 振込を希望する口座の通帳の写し
  6. 取り組みを実施する農地の場所、地番がわかるもの

【取り組み】選択した取組項目の実施及び次期作の作付けを実施

※審査がありますので、申請したすべてが承認されるものではないことをご了承ください。

申請時に選択した取組項目を実施してください。また、資材の購入伝票や領収書、作業日誌、写真(導入機器、植え付け前後のほ場、作業中の様子など)など、取組内容を実施したことを証明できる書類を大切に保存してください。

【実績】美馬市再生協議会(美馬市農林課)へ実績報告書の提出

資材の購入伝票や領収書、作業日誌、写真(導入機器、植え付け前後のほ場、作業中の様子など)など、取組項目を実施したことや次期作を作付けされたことがわかる書類を提出してください。

【交付金】交付金の交付

実績報告書が提出され、記載内容や添付書類に漏れがなく、取組項目や次期作の作付けが確認できた後、交付金が交付されます。

申請書・記載例

参考

カテゴリー

イベント

便利なサービス