注目ワード

チャットボット

閉じる
総合トップ
行政情報新型コロナウイルス関連情報ワクチン接種注意事項【コロナワクチン】接種済証はなくさないようご注意ください

【コロナワクチン】接種済証はなくさないようご注意ください

2021年10月14日公開

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)は、なくさないようご注意ください

2回接種後に医療機関等から渡される接種済証(臨時)については、新型コロナワクチンを2回接種したことの証明になります。再発行できません(※注)ので、なくさないよう大切に保管してください。
なお、追加(3回目)接種完了後にも接種済証(臨時)をお渡しします。

原則として新型コロナワクチンとそれ以外のワクチン(インフルエンザワクチンなど)は、同時に接種できないこととなっており、新型コロナワクチンとその他のワクチンは互いに、片方のワクチン接種を受けてから2週間後に接種できるものであるため、接種済証(臨時)で新型コロナワクチンの接種日を証明できないとインフルエンザワクチンなどの他のワクチンが接種できない場合があります。

(※注)接種済証(臨時)は接種したワクチンのロット番号などが貼られた唯一無二のもので再発行はできませんが、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書で接種事実を証明することができます。スマートフォンによる電子版証明書や書面での交付が可能ですので、詳しくは以下のリンク先をご確認ください。

 

カテゴリー

募集

便利なサービス