○美馬市寺町防災交流センター条例

平成24年3月19日

条例第5号

(設置)

第1条 地域の自主防災活動を積極的に推進し、地域コミュニティの活性化を図り、及び地域の文化財の理解を深めるため、美馬市寺町防災交流センター(以下「防災センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 防災センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 美馬市寺町防災交流センター

(2) 位置 美馬市美馬町字寺ノ下20番1

(運営)

第3条 防災センターを有効かつ効率的に運営するため、次に掲げる活用を図るものとする。

(1) 平常時は、地域住民の防災訓練並びに防災研修及びコミュニティ活動の場とする。

(2) 災害発生時は、地域の自主防災活動の拠点とする。

(施設)

第4条 防災センターに次の各号に掲げる施設を置く。

(1) 研修室

(2) 調理室

(3) 防災資機材保管倉庫

(4) 展示室

(開室時間等)

第5条 展示室の開室時間は、午前10時から午後4時までとする。

2 展示室の開室日は、土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(12月29日から翌年の1月3日までの日を除く)とする。

3 市長は、必要と認めるときは、第1項に規定する開室時間を変更し、又は前項に規定する開室日を臨時に開室し、若しくは臨時に閉室することができる。

(使用料等)

第6条 施設の使用料及び展示室の観覧料は、無料とする。

(使用の制限)

第7条 市長は、防災センターを使用する者が次の各号のいずれかに該当するときは、防災センターの使用を拒むことができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(3) 防災センターを損傷するおそれがあると認められるとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、防災センターの管理運営上支障があると認められるとき。

(損害の賠償責任)

第8条 防災センターを使用する者は、施設又は附属設備を損傷し、又は亡失したときは、その損害を賠償し、又は原状に復さなければならない。ただし、市長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(指定管理者)

第9条 市長は、防災センターの管理上必要と認めるときは、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に防災センターの管理を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第10条 前条の規定により指定管理者に防災センターの管理を行わせる場合に当該指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。

(1) 防災センターの維持管理に関する業務

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

2 前条の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第5条第3項及び第7条中「市長」とあるのは「指定管理者」と読み替えて、これらの規定を適用する。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、防災センターの管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成24年4月1日から施行する。ただし、展示室の観覧に関する部分は、規則で定める日から施行する。

(平成25年規則第3号で平成25年3月1日から施行)

美馬市寺町防災交流センター条例

平成24年3月19日 条例第5号

(平成25年3月1日施行)