このページの本文へ移動
美馬市 行政情報
美馬市(スマートフォンサイト)
美馬市
観光情報 防災情報 入札情報

くらしの便利帳

予防接種

乳幼児個別接種(指定医療機関)

 個別接種は、保護者が各自でかかりつけ医などの医療機関で接種を受ける方法です。県内の指定医療機関で1年を通して接種できます。 生後90か月までに接種する定期予防接種について「予防接種予診票綴り(みまっこ手帳)」を新生児訪問時にお渡ししています。接種年齢、他の予防接種との接種間隔などに注意して受けてください。

種別 接種年齢 接種方法





ロタリックス 生後6週0日~生後24週0日まで 計2回
〔1回目接種〕生後14週6日までに
〔2回目接種〕1回目接種から27日以上あけて接種
ロタテック
生後6週0日~生後32週0日まで 計3回
〔1回目接種〕生後14週6日までに
〔2回目接種〕1回目接種から27日以上あけて接種
〔3回目接種〕2回目接種から27日以上あけて接種
※原則としてどちらか一方のワクチンで接種を完了すること
Hib(ヒブ)感染症 生後2月~生後60月に至るまで(5歳未満) 〔初回接種〕それぞれ27日以上あけて(医師が必要と認める場合は20日)3回接種
〔追加接種〕初回接種終了後、7月以上あけて1回接種
小児肺炎球菌感染症 生後2月~生後60月に至るまで(5歳未満) 〔初回接種〕それぞれ27日以上あけて3回接種
〔追加接種〕初回接種終了後、60日以上あけて1歳以降に1回接種
四種混合
(不活化ポリオ+三種混合)
生後3か月~生後90月に至るまで(7歳半未満) 〔初回接種〕それぞれ20日以上あけて3回接種
〔追加接種〕初回接種終了後、6月以上あけて1回接種
B型肝炎 生後1歳に至るまで 27日以上の間隔をあけて2回接種した後、1回目の接種から139日以上の間隔あけて1回接種
BCG 生後1歳に至るまで 1回接種
麻疹・風しん混合 1期 生後12月~生後24月に至るまで(2歳未満) 1回接種
2期 5歳以上7歳未満の者であって小学校入学前の1年間(年度内に6歳になる者)
※R3年度の対象は、平成27年4月2日から平成28年4月1日生まれ
1回接種
水痘(水ぼうそう) 生後12月~生後36月に至るまで(3歳未満) 3月以上あけて2回接種
日本脳炎 1期 生後6月~生後90月に至るまで(7歳半未満) 〔初回接種〕6日以上あけて2回接種

〔追加接種〕初回接種終了後、6月以上あけて1回接種

児童生徒個別接種(指定医療機関)

種別 接種年齢 摂取方法
日本脳炎 2期 9歳以上13歳未満 1回摂取
特例 ※平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方については20歳未満まで、平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方については13歳未満まで、不足分の回数について接種できます。 1回摂取
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳以上13歳未満 1回摂取
ヒトパピローマウイルス感染症
(子宮頸がん予防ワクチン)
小学6年生~高校1年生に相当する女子
※現在、積極的なお勧めを一時的にしていません。希望者は摂取できます。
3回摂取
※ワクチンの種類により摂取間隔が異なります。

ヒトパピローマウィルス感染症(HPVワクチン)に関する情報について(厚生労働省ホームページ)


〈日本脳炎ワクチン不足のおしらせ〉

厚生労働省から、日本脳炎ワクチンの供給量が不足する状況になる通知がありました。
つきましては、当面の間、下記の通り接種が優先される方への接種にご協力ください。
(ワクチンの供給量は、令和4年度中に回復する見込みです。)

〈接種が優先される方〉
・第1期の初回接種2回の対象者(生後6か月~7歳6か月未満)
・第1期追加接種、第2期の対象者のうち、定期接種が受けられる年齢の上限が近づいている方
・特例措置対象者のうち、定期接種が受けられる年齢の上限が近づいている方

【第1期・第2期の対象者】
時期 標準的な接種年齢 定期接種の対象者 優先接種となる方
第1期 1回目 3~4歳 生後6か月から
7歳6か月未満
3歳以上7歳半未満の方
2回目
3回目 4~5歳 概ね6歳半~7歳半未満の方
第2期(4回目) 9~10歳 9歳~13歳未満 12歳の方

令和3年度は、2期対象者(小4)への個別通知を差し控えています。
ワクチンの供給量が回復次第、通知を再開する予定です。

措置特例の対象者
摂取回数 対象者 定期接種の摂取期限 優先接種となる方
1回目と2回目 3回目と4回目
全4回のうち
未接種分
平成19年4月2日から
平成21年10月1日生まれ
13歳未満 未接種の方 未接種の
12歳未満の方
平成7年4月2日から
平成19年4月1日生
20歳未満 未接種の
高3相当~19歳の方

高齢者個別接種(指定医療機関)

種別 接種年齢 接種方法
インフルエンザ ・接種日に満65歳以上の者
・60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障がいを有する者及びヒト免疫ウイルスにより、免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する者
1回接種
肺炎球菌

(H26年10月1日より定期予防接種に追加)
【R3年度の接種対象者】
(1)令和3年度に次の年齢になる未接種の方 ※美馬市に住民票を有する方のみ
1回接種
対象年齢
生年月日
65歳
昭和31年4月2日 ~ 昭和32年4月1日生まれの方
70歳
昭和26年4月2日 ~ 昭和27年4月1日生まれの方で未接種の方
75歳
昭和21年4月2日 ~ 昭和22年4月1日生まれの方で未接種の方
80歳
昭和16年4月2日 ~ 昭和17年4月1日生まれの方で未接種の方
85歳 昭和11年4月2日 ~ 昭和12年4月1日生まれの方で未接種の方
90歳 昭和6年4月2日 ~ 昭和7年4月1日生まれの方で未接種の方
95歳 大正15年4月2日 ~ 大正16年4月1日生まれの方で未接種の方
100歳 大正10年4月2日 ~ 大正11年4月1日生まれの方で未接種の方
(2)60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障がいを有する方、およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方
※(2)に該当する方には通知をしていません。接種を希望する場合は、かかりつけ医に相談後、保険健康課にお問い合わせください。

自己負担金:4,000円
・定期予防接種として補助を受けることができるのは1回限りです。すでに23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン接種したことがある方は対象外です。
・平成26年~平成30年度の間に既に定期接種として予防接種を受けた方、定期外で任意接種された方は対象とはなりません。

予防接種について

各種予防接種費用

・乳幼児個別接種、児童生徒個別接種については、無料です。
・高齢者個別接種(インフルエンザ)については、広報でお知らせします。
・高齢者の肺炎球菌ワクチンについては、個人負担金4,000円が必要です。

予防接種の予診票 

予防接種を受ける際には予診票が必要です。
転入・紛失などで予診票がお手元にない方は、医療機関を受診する前に、必ず母子健康手帳を持って保険健康課(穴吹庁舎)までお越しください。

予防接種の証明

過去に美馬市(旧脇町、旧美馬町、旧穴吹町、旧木屋平村)で受けた予防接種の記録が必要な方には、予防接種証明書を交付します。
予防接種証明書交付申請書を美馬市保険健康課(穴吹庁舎)まで提出してください。

徳島県外の医療機関での定期予防接種

 やむを得ない理由で県外で定期予防接種を受ける場合は、必ず事前に保険健康課までご連絡ください。
 健康被害救済制度の対象となる定期予防接種扱いにするためには、接種する前に、美馬市長から接種する医療機関(または市区町村長)への依頼書が必要です。依頼書を提出した上で、接種費用を自己負担した場合は、美馬市の定めた助成金額の範囲で払い戻しをします。
 詳しくは、保険健康課までお問い合わせください。

〒777-8577
美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地
美馬市 保険福祉部 保険健康課
TEL:0883-52-5611(保健事業担当)
FAX:0883-52-1197
Mail:hoken@mima.i-tokushima.jp

< 厚生労働省のホームページもご参照ください> 

▲ページトップへ

行政情報 HOME

美馬市役所(法人番号4000020362077)

〒777-8577 徳島県美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地

TEL:0883-52-1212(代表)

Copyright (C) 2017 Mima City All rights Reserved.

QRコード 美馬市のホームページが携帯でも見られます。
携帯サイトはこちらへ