注目ワード

チャットボット

閉じる

自立支援医療(更正医療)

2021年9月6日公開

更生医療とは、身体障害者手帳をお持ちの18歳以上の方が、障がいを取り除いたり、軽減するための治療・手術(ペースメーカー植込み術、人工透析療法、腎移植術、抗HIV療法など)を受けるとき、世帯の所得に応じて、医療費の自己負担の一部を公費で補助する制度です。

更生医療の支給対象となる内容は次のとおりです。

  1. 診察
  2. 薬剤又は治療材料の支給
  3. 医学的処置、手術及びその他の治療並びに施術
  4. 居宅における療養上の管理及びその治療に伴う世話やその他の看護
  5. 病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話やその他の看護
  6. 移送(医療保険により給付を受けることが出来ない者の移送に限る)

給付対象の例

心臓機能障害・・・ペースメーカー埋込術
腎臓機能障害・・・工透析、腎移植術
肢体不自由・・・人工関節置換術 など

その他の障がいにも該当手術がありますので、長寿・障がい福祉課または医療機関までお問い合わせ下さい。

申請に必要なもの

  1. 自立支援医療(更生医療)申請書(DOCX 20.5KB)
  2. 更生医療意見書(XLS 76KB)
    ※障がい名によって様式が異なります。
  3. 身体障害者手帳
  4. 健康保険証
  5. 個人番号(マイナンバー)がわかるもの(受診者及び受診者と同一保険に加入している方の分)
  6. 特定疾病療養受給者証(人工透析療法を受けている方のみ提出が必要)
  7. 障害年金等公的年金の受給額が確認できる資料
    例:振込通知書、年金改定通知書、受給額が確認できる通帳の写し等
    (市町村民税非課税世帯で障害年金、遺族年金、特別児童扶養手当、障害児福祉手当・経過的福祉手当を受給している場合は御用意ください。)

カテゴリー

閲覧履歴

新着情報

募集

便利なサービス